店長日記

597

三連休は奈良町に行って来ました。

カナカナというカフェでランチしました。


女4人で春鹿の酒蔵で利き酒したり、立ち飲みスタンドで日本酒飲んだり、

酒屋さんでビール飲んだり。

飲んでばかりでちっとも乙女じゃないと私が言うと

みんながいやいや?スイーツの店に入ってくれました。

お昼12時集合、午前1時に私は帰った。(それでも13時間)

でも2人はまだカラオケしてたので体力ある面々。

愉しかったです。
猫たちと別居するようになって思うこと。

やっぱり癒されてたんだな~!!ってことです。

先週、高齢の母がつまずいて右腕にヒビが入った。

左手が不自由なので両手が使えなくてだるまさんです。はははっ

ことのほか介護が大変で少々お疲れ気味の私に娘が写真を送ってくれました。



無垢な魂に癒されるぅ。

アニマルセラピーって大きな力ですね。
午後6時。

買い物帰りの自転車を止め空を見上げる。

鳥たちが今夜のねぐらに帰るため列をなしている。

暮れなずむ空の鳥たちの黒いシルエットに見とれる。

遅れまいと追いかける鳥。

でもいるんだな遅れるやつ。

1羽だけ団体バスに乗り遅れた人みたいに追いかけている。

しかもそいつは大変な方向音痴だ。

あっちにいったりこっちにいったり完全に迷子状態だ。

巣とは反対方向の山に向かって飛んでいる。

飛んでいるのに疲れてどこかの木に止まってやすんでいるのか

姿が見えなくなった。

そこへちらほら2、3羽が通り過ぎる。

連れて帰ってもらいなよ。

そう思っていた時、東の空から「ぴー」と鳴き声が響いた。

その声に迷子の鳥は飛び立つ。



私もその2羽を追いかけ自転車をこぎだした。

「明日世界が滅ぶとも今日リンゴの木を植える」

ルターの言葉なんだそうです。

開高健は「明日世界が滅ぶとも今日君は(あなたは)リンゴの木を植える」

とよく色紙に書いていたそうです。



庭に咲いていたペンタス。

早めに切り戻しをしないといけない花なのですが

ついつい花が咲くと綺麗な花が見たくて伸び放題になってしまう花です。

もうすぐ敬老の日ですがプレゼントにもらって嬉しい第一位は「花」なんだそうです。

年を取ると植物の生命力に素直に感動できるからでしょうか?

けなげですよね。花や植物は・・・。

「根さえしっかりしていたら来年も花が咲く」

「病気の葉っぱは早めに取り除かないと全体が病気になる」

「水をやりすぎてもやらなすぎても枯れてしまう」

哲学してます。

植物は私に色々なことを教えてくれます。





コスモスが好きで種を植えたけれど失敗して鉢植えを地植えしました。

アイビーでジャングルになっていた家の裏側。

日当たりもそれほど良くなく来年も咲いてくれるかどうかわからないけれど

裏庭がコスモスいっぱいになる日を夢見て

今日、私はコスモスを植える。

木槿。

「むくげ」と読みます。

「家の裏にハイビスカスに似た花で白いのが咲いているけれど

なんていう名前の花かわからない。」と聞くと

「むくげじゃない?」と花に詳しい居酒屋のママさんが教えてくれました。

そんな花が毎年実家に咲いていたとも知らずに同居するようになって初めて知りました。


たくさんの花を咲かせて爽やかな白い花です。

終わった花が額から落ちて、毎朝、掃除が大変です。

50個くらい落ちているのでそんなに咲いていたのかな?と思うくらいです。

また近隣に枝を伸ばすので迷惑にならないよう今朝はそれを切りました。

母が伐採した木槿を生けてくれました。



ばれりーなになりたい女の子の短冊。

子供らしくていいなぁ。

ん?

ちょっと待て。

短冊がわんさかのこの笹の葉は欲の塊とも言える。

夢が無いか。

願い事だもんね。

かなうといいなぁ。
趣味・道楽というものがない私は

今さらながら趣味が欲しいなと思います。

飽きっぽい性格が一途な趣味を持たない理由なのでしょうか?

食道楽というほど食にこだわるわけでもなく、

熱中するほど興味が持てるものも無く、

かといって「仕事が趣味です!」と言えるほどプロフェッショナルでもない。


でも花は好きかな。

母が生けたブルースター。

母は片手が不自由ですが片手で裁縫もするし生け花もする。

私は花を買ってきて水盤の用意をして後片付けを手伝う。

人の趣味を眺めるのが趣味かも。


南天って花が咲くのですね。

家に植えておくといいらしいです。

「難が転じる」とか「難が天にかえる」とか

南天は日本では古くから縁起の良い木とされてきました。

南天を植えると家が栄える、お金持ちになれる、災難から逃れられる、などの意味があるらしいですね。

口は災いの元。

陰口は罪です!とカトリックのチラシに書いてあった。

でも言いたいんだな。

だってそれはそれで楽しいんだもん。

南天植わってるし大丈夫かもしれないし。


バラの花が咲きました。

引っ越す前のベランダでは日当たりが悪かったのか

ほとんど花を咲かすことがなかったバラ。

小さなバラがかわいくぴょこぴょこ咲いています。

両親と同居するようになって

「毎日がプレゼント」なのかなぁと思うようになりました。

料理を作ることも、掃除をすることも、洗濯をすることも

両親に対してのプレゼントなのかもしれないと思うようになりました。

毎日、母の日をしてもらっていると母が言ってくれました。

今まで生きていて今が一番幸せなのだそうです。

喜んでもらえることは私にとってもプレゼントです。

爽やかな季節ですね。

私もたくさんのプレゼントを地球さんからももらっていますね。
店長日記が愚痴になるとは、、、

不覚。

申し訳ありません。

一昨日滞りなく防犯ガラスと格子の取り換え工事終わりました。

どんと来い!!

とは言えないけれど物騒な世の中になったもんだ。

ガラスに防犯ガラスです。と貼ってある。

抑制になるのか挑戦心を煽るのかはわからない。

隣の家の人はそのシールだけもらって貼ろうかしら?と言っていた。

セコムさんもシールだけ欲しいって人、結構いるらしいですねー!
関空に営業に行った。

営業が長引いて帰りが遅くなった。

当然お腹は減る。

帰ると「こんな時間まで何しとった。」

との罵倒。

ラーメン作る。

しんどくて鍋から移すこともできず。

鍋ラーメン。

ラーメンのスープに映る電灯。

かき混ぜる。

急ぎ過ぎて固ゆで麺。

まずい。

あなたはそんな体験したことないからそんなセリフを言えるのですかね?
母の日なのであじさいをプレゼントしました。


齢86歳の母は花があると慰められ、励まされている気持ちになるらしく喜んでいました。

さて、そんな母の寝室の窓の格子の桟が一本抜けています。

どうやら空き巣さんの仕業らしいです。

段取りというか、少しずつ空き巣狙いの仕込みは進んでいたのですね。

今年の正月にほんの近所で起こった空き巣。

手口は同じです。

鍵に一番近い格子の桟を1本抜いてガラスをバーナーで焼いて鍵を開け

頭一個入れば室内進入は簡単みたいです。

我家も狙われていたのですね。

我家も頭が入る隙間ができていました。

防犯ガラスと新しい格子の工事は一週間後。

工事までの一週間に泥棒に入られては話にならない。

そんな話をしていたらスイス在住の妹

「お姉ちゃん、近所に空き巣が入って警察がパトロールしてくれている

パトロールカードを窓に貼っておいたら?」

「カメラ回ってます。と書き足したら?」

というわけで抜けた桟の正面にカードを貼りました。

「カメラ回ってますが出演料はお支払いできません(笑)」

さすが我が妹、冗談がブラックですな。

泥棒さんが逆上したらどうするのよ。

出演料までは書かなかったけれど、もしかしてその張り紙

剥がされていたら怖い話です。
GWも前半が終わりましたね。

私は29日に伊勢神宮に行って来ました。

女子部の6人で車に乗って日頃の行いが良いのか

渋滞には巻き込まれずスムーズに参拝してきました。


運転者がいるので飲むのは控えての帰路。

朝が早かったせいで早々に解散となりました。

だが!!

私はひとりで飲みに行きました。

そこでたまたま一緒になった顔見知りとしゃべっていました。

A氏は「なんかB嬢におごってばかりで全然返してくれない。」

と酔っ払うにつれ悪口満載でした。

イヤならおごらなかったらいいじゃんと言う訳にもいかず

ひたすら聞いていました。

酔っ払いの愚痴だしな。

ずいぶん以前、サービス業の娘に「お母さんはサービス業の人に愛想が悪い!」

と指摘されたことがありました。

自分ではそんなつもりも無くても

人間、やってみなくっちゃーわからない事っていっぱいあると思います。

酔っ払いの気持ちも

酔っ払いを介抱する気持ちも

幹事の気持ちも

幹事について行く気持ちも

おごる気持ちも

おごられる気持ちも

・・・・・

「おごって愚痴なんか言うな!男だろ。」

と心の中で思って二人分お支払いしました。

うれしはずかし朝帰り♪

では無かったけれどGWの爽やかな朝、

久しぶりに朝日拝んで帰りました。

GW気分味わえたし、

まぁいいか。
造幣局の通り抜けに行って来ました。

まだ3部咲きでしょうか。

まだ全部が満開という感じではなかったですが綺麗でしたよ。





もともと文科系の私は数学や物理は苦手でした。

女友達はリケジョが多くてサバサバしている

というか殺伐としているというか

嫁にいけないというか行かないというか

そんな面々とゴールデンウィークは一緒に女子会が目白押しです。

彼女達の頭脳は左脳優先なので女特有のどろどろ感はないので

おっさん仲間の私としては非常にやりやすいです。

ある日ふと本屋で見つけた本から数学に興味を持ちました。


苦手だったぶん興味もあって何冊か読んでから

ゲーム感覚で計算式を解いてみるのも面白いかな?

と思うようになりました。

ボケていってる父を見てるせいかな?

違う脳回路がいるように思っています。
川島英五の歌で「酒と泪と男と女」って歌知っていますか?

さて、85歳でも毎晩晩酌する父。

まずコップ酒1合半くらいをレンジでチーンして

おかずもろくに食べず、すぐに酔っ払って居眠り。

そのままソファに行って居眠り。

おもむろに起きだし卵を二個焼いてまたコップ酒。


アル中か?

お酒は脳を萎縮させるらしい。

要するに脳を溶かすといってもいいらしい。

高齢なので適量を越えているし長年飲み続けている人ほど

痴呆になる確率高いそうなのですが、、、。

好きなものはやめられない。

「酒と卵とみかんとお菓子」

それがあれば他は何もいらない。

何も足さない何も引かない。

歌にもならねぇ。

そんなに♪忘れてしまいたいことや~♪があるのでしょうかね?
両親と同居して困ったなぁということがありました。

もともとそこで育ったはずなのに食の好みが違うのです。

毎晩コツコツと夕食を作っていますが父は気にいらないようです。

母は私の作ったものは綺麗に食べてくれるのですが

父は残して毎夕食後にたまごを2個焼いて食べて満足しています。

作るほうにしたら気が悪いわなぁ。

姉に相談したら「息子もアメリカで3人でルームシェアしたら、

それぞれお金をかけて食べたいものが違うから困るって言ってたわ。」との弁。

「なるほど、価値観か。」

「栄養のことなんか考えないで充分長生きしているのだから好きなものを食べさせとき。」

とアドバイスをもらいました。

何が好きで何にお金をかけるか・・・。

価値観違う人と結婚なんかしたら苦労なんだろうな。

このところ弁当ばかりで外食もしなかった。

ルー大盛りで本日はインデアンカレー。


好きなもの食べて腹の虫も納まりました。
大好きな雪柳が咲いていました。

春ですね。


実家に引越をして3ヶ月がたちました。

ようやく新生活にも慣れたというか環境が変わるとその適応能力が試されますね。

そう思えば知人で60歳になってから10年間で4回引越をした人がいました。

引越って体力も財力もいるし適応能力もいる。

好奇心の強い人だったので出来たのかもと思います。

4月になって新生活って人もいるかと思います。

頑張って!!

両親2人だけの時は宅食をとっていたのですが

「飽きた」ということで同居を機に毎晩自炊するようになりました。

まー、あんなのやこんなのがあってストレス満載で夜中抜け出してたのですが

それもようやく落ち着いてきました。

新生活は以前よりは成長した生活にしたいものですね。

春はやっぱり始まりの感あります。

皆様もいいスタートですように・・・。
桜の開花宣言が出ましたね。

今年は桜を楽しめる時期が長いと聞きました。

桜の前は梅。

今さらながら梅便りです。


先日お得意様から6回目のご注文がありました。

いつも同じ品番で多分色々な方にプレゼントしていただいているのだろうなと思います。

本日あいにく留守をしていたときにお電話を下さり、

「稲原さんの声聞きたかったな~」と残念そうでしたと聞き

お電話してみました。

お顔も見たことの無い方ですが何かつながりを感じます。

こんな交流が励みになるものですね。

感動すること、感激すること。

最近心を動かされることが少なくて滅多に涙も流さないドライアイの私。

春のお便りをいただいたようでした。

ありがとうございました。
スイス在住の妹が日本に帰ってきました。

老後は日本に住みたいけれどタイが物価が安いので

調査のためにタイに2週間滞在してスイスに帰りました。

自宅に帰る電車の中でミネラルウォーターを買おうとしたら

500mlのペットボトルが600円だったので自宅まで1時間半、

喉は渇いたけれど我慢して帰るとメールが来ました。

「タイではコンビ二で25円だったのに、

600円あればタイでは一時間はマッサージできる。」

「100円で40分クルージングできる。150円でご飯食べれる。」

とタイの物価の安さをほめていました。

でもタイのパタヤでは下痢ばっかりだったそうで

それでもスイスの物価はかなりのもので優雅に暮らすには相当費用が必要みたい。

マクドナルドが1,000円の国ですもん。


ちなみにこちらはコンビ二で2リットル100円のミネラルウォータ(日本)ですがなにか・・・。

美味しくて安全でまぁまぁ安価な日本の水。

帰路、スイスの空気は綺麗と返信ありました。

パタヤはちょっと汚染されてる感があったとのことで、

やっぱりスイスはいい国なのでしょう。

日本は空気もまぁまぁ。

これからは綺麗な空気と安全な水を買う時代かもね。